2020年03月30日

時々タイトルにめっちゃ長い文章書く人いるじゃないですか。あれ一度やってみたかったんです。でもどれぐらい書いたらいいんだろう?むずかしい。4年間、楽しかった。

たなかです。あと少しで4年間がおわります。



はじめてスキー部と関わったのはローラー体験会でした。
たくさんあるビラの中にスキー部のビラがあって、
ローラー体験楽しそう、
え、スキージャンプができるの?すごい!楽しそう!
と思い体験会に参加しました。

が、当日は雨でした。代わりにスケートにいきました。

体験会には、女の子がもう1人と、男の子2人組がいました。
(正確にはもう1人入部確定新歓リピーター経験者の子がいました)
男の子のうち1人は、別の新歓で一緒になってた子で、再会し仲良くなりました。
女の子はもっと仲良くなりました。

スキー部といっても別にスケートができるわけではありません。
小さい頃から近くのスケートリンクでよく遊んでいた私は、スケート大好き人間で、皆がとまどってる中スイスイ滑りました。
時々、同じ1年生に滑り方を教えながら、喋りながら、リンクサイドで先輩方とお話しながら、スケートを楽しみました。
さえこ先輩が、リンクの外で見守っていました。その時なんでスケートしないんだろう?と思った記憶があります。

スケートが終わり、外に出ました。
外は晴れていました。
よってお昼ごはんを食べたあと、矢田川に移動し、ローラー体験会が行われました。

家の前で、よくローラースケートで遊んでいた私には、インラインはお手の物でした。たぶん。
ローラーは難しかったです。不安定で、最初とても怖かったのを覚えています。
憧子先輩が、たくさん話しかけてくれました。

帰りの電車で、どの部門に興味がある?と聞かれました。私はスキージャンプに興味があると答えました。
坂部先輩が、とっても楽しそうに、ジャンプの話をしてくれました。居心地のいい新歓でした。




平日練にこない?と連絡がきました。
その日は、たまたま物理学実験が長引いていて、私は途中から参加しました。小坂先輩が案内してくれ、東山を逆走しました。サッカーをしました。
次の練習では、コーンやハードルを使った練習をしました。
中高吹奏楽部で、運動経験のなかった私はどんな練習も新鮮で、全部が楽しかったです。
大学では新しいことを始めたくて、特に運動部に入ってみたくて、私にとってスキー部はぴったりでした。

平日練によく来ていた人は、私を含めて5人でした。
結局3人が入部し、気づいたら1人でした。

あの頃が懐かしい。
一番最初だけ振り返りました。まあ何が言いたいかというと、この4年間は私にとって本当に濃い4年間で、最初から、一つ一つの出来事を鮮明に覚えているということです!思い出が多すぎてキリがない…


この4年間で、主務とアルペン以外の仕事は全部覚えました。いろんなことができるようになりました。
私より上の学年の人は、必ず、成長したねと私に言います。1年の私は何もできない人間でした。


それでも3年の全関西前、記念大会後。いろいろ1人でやりすぎて、私は倒れました。助けて、と言えませんでした。もう誰とも喋りたくない、何もしたくない、心にぽっかり穴があきました。そんな時、さえこ先輩が助けてくれました。本当に感謝しています。さえこ先輩は私の大親友で、何でも喋れて、何回も言ってるけど、さえこ先輩がいたから、私のスキー部生活は本当に楽しかったです。

そんなさえこ先輩が引退して、たくさん関わった1つ上の代の人が引退して、今年、初めて先輩のいないスキー部をむかえました。

1年生がたくさん入ってくれました。雰囲気が変わりました。何よりついに、クロカンに女子の後輩が入りました。
さきのちゃんはすごい子です。とてもやる気があって、滑りのことよく考えていて、たくさんローラーもして、コミュ力高くて、しっかりしていて、仕事ができて、なんかまとまりないけどすごいいい子なんです!笑
ランも速くて、私は負けないように必死でした。たくさん刺激を受けました。一緒に自主トレしたり合宿できて楽しかった!あまり教えられなくてごめん。来年はもっといろいろ伝えたい!是非これからのスキー部を引っ張っていってください(^^)
そしてゆきみちゃん、ひどいこと言ってごめんね。でもまたゆきみちゃんと一緒にスキーできてとっても楽しかった!思えば去年はめっちゃ一緒にいたね。トレルもめっちゃいったね。今年はあまりトレルに行けなかったけど、来年はたくさん行こう。ローラー練もしてて、リレーも去年より速くなってて、そのおかげで九大戦では3人で銅メダルとれて嬉しかった!アルペンのことは分からないけど、ちゃんと滑りのこと考えてて、悩んでたときもあったけど、しっかり結果残しててすごいと思った!アルペン先輩いなくなって大変だったと思うけどとりあえずお疲れさま。そして来年もよろしくね(^^)
たけまろ、1年生でいきなりたくさんの負担をかけてしまったけど、頑張ってくれてありがとう。たけまろは強くなる未来しかみえない!
翔理、ガッツがすごいよね。必ずや強くなる!周りを巻き込んで名大スキー部を強くしてください!
おだくん、話を聞く限り、この1年で成長したね!来年が楽しみだ。ついでに体重もがんばれ!
かおる、最後らへんはあまり喋れなかったけど、持ち前のセンスで上手くなってほしい!べんきょも頑張って。
ひじかた、とてもいいやつ。その性格で部を盛り上げていってください!赤ちゃんおめでとう。
飛永、特に今年はとても頑張ってくれました。ありがとう。大変なことも多かったと思うけど、飛永がいたから、名大スキー部は今年やってこれたと思う。お疲れさま。そして来年はついに主将!倒れちゃわないように、新2年生もたくさん頼って、好きなようにやってください!楽しんで。あとスプリントは負けません。なんなら長距離も勝ちます。ランも勝ちます。全部勝ちます。生意気させません。良きライバルになりましょー
佐橋、いいなー金メダル。ちょうだい。私もほしいなー。来年は学校が忙しいかもしれないけど、なんやかんや現れて、またメダルとっていってね。



強くなる一番の秘訣は、モチベーションを保つことだと思っています。
継続は力なりということですね。
私は、この曜日のこの時間はローラー、ここはトレル、ここはランなど、必ず誰かと予定を合わせて空きコマにメニューを組み込んでました。1人だとやる気が出ない時もあるけど、誰かとやると楽しいし、刺激も受けます。そう何より楽しいんです。楽しいって大事ですよね。もちろん楽しいの定義は人によって違うけど、みんな周りを巻き込んで、お互いに高め合えるといいなーと思います!
あとは、長期目標と短期目標を立てるとか、ライバルの存在とか、コーチの存在とかいろいろですね。
これも大事。怪我をしないこと。とくに女子は、いきなり男子のメニューについていくと、その負担に耐えられずに怪我することが多いと思います。自分の体と向き合って、オーバートレーニングにはならないよう気をつけてください。練習しない勇気も大切ですよね。


今年はコロナで全関西がなくなってしまいました。正直消化不良です。でも気づきました。もしかして来年全関西でれる?
ということで、私はまだ追い出される気はありません!もう一年だけ、現役として楽しみたいです。
来年こそもう一つ上のレベルにいきたい!


この4年間、つらいことも多かったけどそれ以上に楽しいことが多かったです。
ジャンプで入って、3年でラン転して、いろんな人と関わって、どれも大切な思い出です!
関わってくださった皆さん、本当にありがとうございました。

この間色紙をもらって、アルバムももらって、そのアルバムのクオリティーが高すぎて、いろんな人のメッセージや思い出があって、とても幸せでした。弁当箱も嬉しかった。


ひとまずはコロナの終息を願って。

来年もよろしくお願いします!


クロカン4年 田中優香
day??
posted by nagoya-u.ski_team at 21:05| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

インカレ男子SL

1年織田です。更新遅れて申し訳ありません。


インカレ2部男子SL結果です

[image: IMG_3794.jpeg]

[image: IMG_3795.jpeg]

[image: IMG_3796.jpeg]

[image: IMG_3797.jpeg]


名大は2人ともDFでした。自分はGSに比べてSLの出来が著しく悪いので(体感)、完走できるか不安でしたが、案の定やらかしました。


1本目は完走を強く意識して滑り、結果タイムは犠牲になりましたが何とかゴールまで辿り着けました。


2本目は2日前のGS
でタイムがあまり伸びず最下位となった反省から、気持ち攻め気味に滑ろうとしました。が、急斜に入るタイミングでバランスを崩し片反してしまい、そのままDF
となりました。今思うとスイッチバックすべきだったのではという気もします(迷った挙句諦めた)。その辺の判断をレース中に素早くできるようにしたいですね…


こうして今シーズンは終わりました。本当はもう少し続くはずだったんですが消化不良な感じに…おのれコロナ

できれば今シーズン中にフォームを改善したかったのですが、来年に持ち越しとなりました。課題はいくつか見えたので、夏季のトレーニングでしっかり力をつけていこうと思います。


お疲れ様でした。
posted by nagoya-u.ski_team at 11:13| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

インカレ 男子GS

アルペン1年井口です。

ブログの更新が遅れてしまいましたこと大変深くお詫び申し上げます。(ブログ書く暇もないくらいスキーに打ち込んでたんです、そういうことです。)

つべこべ言わずまずはリザルトから

1583933283908.jpg
1583933285694.jpg
1583933287531.jpg

夏あたりから今年のインカレのコースはヤバいぞ!みたいな噂を聞いてはいたのでビクビクしながら鹿角に向かったところ、まあ案の定やばたんつらたんコースでした。

元義コーチは鹿角のコースをドーン!ドーーーン!!ドーーーーーン!!!と例えておられましたが、正直グオーーーン!!グイーン!バチコーーン!!グイーン!とどど!バチコーーン!って感じでした。

滑った人なら分かるよね。

悪天候でコースオープンが中止になり不安要素たっぷりのまま臨むのか....と思っていたところ幸い前日の女子GSの時にコースに入れたので入念にコースを確認しました。そのおかげである程度は気持ちが作れた(ような作れなかったような)感があります。ただやっぱ緊張は取れず...  

当日もドキドキでした。経験のないアイスバーン×急斜に加えてインカレの独特な雰囲気がめちゃプレッシャーでした(泣)

1本目はインスペでS字、特に途中のスルーがやばそうだと感じたのでそこの処理を頭に入れてスタート。意識が完全にS字だけに行っていたのでスタートからS字まではいい意味でいろいろ余計な事を考えずいいペースで滑っていたと思います。そして問題のS字ですがあれだけ入念にインスペして気持ちも作ったのにまあなんというかそれまでのペースで突っ込んでしまったので思ったよりスピード出てビビり発動してそのままケツから転倒...すぐ手前が次の旗門ってとこまで落ちました。危ない。なんとか手前で止まったのでそこから立て直し最後の急斜から緩斜を滑りましたが焦ってたのか緩斜の最後でまたもコケかけました。グダグダすぎて悲しかったです。

2本目は1本目のミスを意識しすぎて終始ゆっくり。1本目ではなんも見えなかったS字の旗門たちが、逆に2本目はゆっくりすぎて全部見えました。1本目よりは縮まりましたが、もっと縮まるべきだったと思います。

こうして初インカレレースは幕を閉じました。得たものといえばsajポイントぐらいでしょうか...来年のためにも2本完走は絶対したいと思っていましたが結果それだけになってしまった気がして複雑な気持ちです。何もできなかったというよりは何もしなかったが近い気がします。

とってもとっても悔しいので、秋田から帰ってみっちりトレーニングして全関西で何か得るものがある滑りをする!っと思っていたのですが....


コロナウイルスの影響は凄まじいですね。インカレが開催されただけラッキーだったかも知れません。リベンジは来年に持ち越しですが、今シーズンで得たいろいろな課題を春夏秋としっかり消化して来シーズンまた滑りたいというモチベーションになったのでよしとしたいと思います。

インカレお疲れ様でした。




P.S. 
織田も2本揃えました。本番に強い漢な気がします。普段もデキる漢になってちょ❤️



posted by nagoya-u.ski_team at 22:32| Comment(1) | 大会 | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

インカレ アルペン女子

リザルトです。GSは2月24日、SLは2月26日に行われました。

GS
1位 大池唯華 神奈川大学 53.78
2位 鈴木千晴 明治学院大学 54.26
3位 森永ののか 立命館大学 55.20
43位 藤井順文 名古屋大学 1:15.77

SL
1位 森永ののか 立命館大学 45.40 52.78 1:38.18
2位 弥永奈々 立命館大学 47.06 53.58 1:40.64
3位 管野陽和 北翔大学 48.06 53.56 1:41.62
41位 藤井順文 名古屋大学 1:06.81 1:13.40 2:20.21

今年は悪天候のためコースオープンが中止になり、女子GSも1本で終了しました。

鹿角の花輪スキー場のアルペンコースは、S字型で3段階の急斜と最後の平地から成っていました。GSのスタート地点は1番上から、SLはS字の最後の急斜からでした。

GSで野沢のカンダハーコースと大きく違うのは、初めから急斜であることでした。また、S字の中間は滑ったことがないような斜度とアイスバーンでした。去年何回かカンダハーを滑ったので怖いという気持ちはあまり無かったですが、1本目は何も考える余裕が無いまま終わってしまいました。2本目はエッジを立てられるよう意識してもっとゲートの近くを通れるように考えていたのですが、レースが中止になってしまったので心残りがあります。

SLでは、アイスバーンに苦しみました。1ターンごとに振り落とされるようで、ほとんどポールを倒せませんでした。無理に倒そうとして腰が回ってしまっていたので、2本目は倒すことを考えないで滑りました。

来年も鹿角に行くことが決まっているので、ポイントを狙えるような順位を目標に、アイスバーンの勉強と練習をしようと思いました。

2年 ゆきみ
posted by nagoya-u.ski_team at 18:10| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする