2020年04月29日

オンライン筋トレと新入部員と肩幅解放宣言の話

おひさしぶりです。ウーバーイーターの井上です。

例の奴の影響で大学、部活、バイトに行くことが無くなり、気がついたらウーバーイーツしか自分の肩書きにできるものがありませんでした。

 

たまには近居報告をと思い筆を執りました。4月頭からオンライン筋トレを始めました。最初は数人だったのですが気がつけば大半が参加するようになってました。個人的に思うに、このオンライン筋トレ意外と良いです。オンラインなんで気軽に参加できる(部室までの坂を上る必要が無い)ので生活に溶け込ませることができてます。でも逆にしんどいのは、下の階に迷惑しないようにソフトな着地を心がけないといけないこと。まあ一長一短ってやつだと思います。

 

 

PS

例によってなかなか思うような新歓ができてなかったのですが、なんとすでにアルペン2人入部確定してくれました。さらにあと2人ほぼ入部確定の子がいます。すばらしい。あとクロカンに入ってさえくれれば。

それにしても今年の新入生は優秀です。筋トレに来てくれるし、それにクロカンとは何かを知ってくれています。僕は昨年クロスカントリースキーなんて言葉知りませんでした。結局なんでクロカンを始めたのかよく覚えてないです。ただ、クロカンしてて後悔したことはほぼ無いです。(30kmクラTTでグリップ外したときは本気で後悔しました)

クロカンをアピールしたかったんですが、これってアピールできてるんですかね?

 

 

<肩幅解放宣言>

肩幅若干大きめの私は、昨年細身が多い名大スキー部に入部して以降ずっと、車に乗るたびに狭いと文句を言われるなど迫害を受けてきました。この細身社会において、もう希望はないものと思っていました。しかし、そんな日々もいつか終わります。柔道部出身新入生の彼を見て確信しました。立ち上がる時が来たようです。そして必ずや肩幅のある人が肩身の狭い思いをする、この歪んだ部活を変えて見せます。

 

posted by nagoya-u.ski_team at 19:32| Comment(0) | 練習 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]