2020年03月14日

インカレ男子SL

1年織田です。更新遅れて申し訳ありません。


インカレ2部男子SL結果です

[image: IMG_3794.jpeg]

[image: IMG_3795.jpeg]

[image: IMG_3796.jpeg]

[image: IMG_3797.jpeg]


名大は2人ともDFでした。自分はGSに比べてSLの出来が著しく悪いので(体感)、完走できるか不安でしたが、案の定やらかしました。


1本目は完走を強く意識して滑り、結果タイムは犠牲になりましたが何とかゴールまで辿り着けました。


2本目は2日前のGS
でタイムがあまり伸びず最下位となった反省から、気持ち攻め気味に滑ろうとしました。が、急斜に入るタイミングでバランスを崩し片反してしまい、そのままDF
となりました。今思うとスイッチバックすべきだったのではという気もします(迷った挙句諦めた)。その辺の判断をレース中に素早くできるようにしたいですね…


こうして今シーズンは終わりました。本当はもう少し続くはずだったんですが消化不良な感じに…おのれコロナ

できれば今シーズン中にフォームを改善したかったのですが、来年に持ち越しとなりました。課題はいくつか見えたので、夏季のトレーニングでしっかり力をつけていこうと思います。


お疲れ様でした。
posted by nagoya-u.ski_team at 11:13| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

インカレ 男子GS

アルペン1年井口です。

ブログの更新が遅れてしまいましたこと大変深くお詫び申し上げます。(ブログ書く暇もないくらいスキーに打ち込んでたんです、そういうことです。)

つべこべ言わずまずはリザルトから

1583933283908.jpg
1583933285694.jpg
1583933287531.jpg

夏あたりから今年のインカレのコースはヤバいぞ!みたいな噂を聞いてはいたのでビクビクしながら鹿角に向かったところ、まあ案の定やばたんつらたんコースでした。

元義コーチは鹿角のコースをドーン!ドーーーン!!ドーーーーーン!!!と例えておられましたが、正直グオーーーン!!グイーン!バチコーーン!!グイーン!とどど!バチコーーン!って感じでした。

滑った人なら分かるよね。

悪天候でコースオープンが中止になり不安要素たっぷりのまま臨むのか....と思っていたところ幸い前日の女子GSの時にコースに入れたので入念にコースを確認しました。そのおかげである程度は気持ちが作れた(ような作れなかったような)感があります。ただやっぱ緊張は取れず...  

当日もドキドキでした。経験のないアイスバーン×急斜に加えてインカレの独特な雰囲気がめちゃプレッシャーでした(泣)

1本目はインスペでS字、特に途中のスルーがやばそうだと感じたのでそこの処理を頭に入れてスタート。意識が完全にS字だけに行っていたのでスタートからS字まではいい意味でいろいろ余計な事を考えずいいペースで滑っていたと思います。そして問題のS字ですがあれだけ入念にインスペして気持ちも作ったのにまあなんというかそれまでのペースで突っ込んでしまったので思ったよりスピード出てビビり発動してそのままケツから転倒...すぐ手前が次の旗門ってとこまで落ちました。危ない。なんとか手前で止まったのでそこから立て直し最後の急斜から緩斜を滑りましたが焦ってたのか緩斜の最後でまたもコケかけました。グダグダすぎて悲しかったです。

2本目は1本目のミスを意識しすぎて終始ゆっくり。1本目ではなんも見えなかったS字の旗門たちが、逆に2本目はゆっくりすぎて全部見えました。1本目よりは縮まりましたが、もっと縮まるべきだったと思います。

こうして初インカレレースは幕を閉じました。得たものといえばsajポイントぐらいでしょうか...来年のためにも2本完走は絶対したいと思っていましたが結果それだけになってしまった気がして複雑な気持ちです。何もできなかったというよりは何もしなかったが近い気がします。

とってもとっても悔しいので、秋田から帰ってみっちりトレーニングして全関西で何か得るものがある滑りをする!っと思っていたのですが....


コロナウイルスの影響は凄まじいですね。インカレが開催されただけラッキーだったかも知れません。リベンジは来年に持ち越しですが、今シーズンで得たいろいろな課題を春夏秋としっかり消化して来シーズンまた滑りたいというモチベーションになったのでよしとしたいと思います。

インカレお疲れ様でした。




P.S. 
織田も2本揃えました。本番に強い漢な気がします。普段もデキる漢になってちょ❤️



posted by nagoya-u.ski_team at 22:32| Comment(1) | 大会 | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

インカレ アルペン女子

リザルトです。GSは2月24日、SLは2月26日に行われました。

GS
1位 大池唯華 神奈川大学 53.78
2位 鈴木千晴 明治学院大学 54.26
3位 森永ののか 立命館大学 55.20
43位 藤井順文 名古屋大学 1:15.77

SL
1位 森永ののか 立命館大学 45.40 52.78 1:38.18
2位 弥永奈々 立命館大学 47.06 53.58 1:40.64
3位 管野陽和 北翔大学 48.06 53.56 1:41.62
41位 藤井順文 名古屋大学 1:06.81 1:13.40 2:20.21

今年は悪天候のためコースオープンが中止になり、女子GSも1本で終了しました。

鹿角の花輪スキー場のアルペンコースは、S字型で3段階の急斜と最後の平地から成っていました。GSのスタート地点は1番上から、SLはS字の最後の急斜からでした。

GSで野沢のカンダハーコースと大きく違うのは、初めから急斜であることでした。また、S字の中間は滑ったことがないような斜度とアイスバーンでした。去年何回かカンダハーを滑ったので怖いという気持ちはあまり無かったですが、1本目は何も考える余裕が無いまま終わってしまいました。2本目はエッジを立てられるよう意識してもっとゲートの近くを通れるように考えていたのですが、レースが中止になってしまったので心残りがあります。

SLでは、アイスバーンに苦しみました。1ターンごとに振り落とされるようで、ほとんどポールを倒せませんでした。無理に倒そうとして腰が回ってしまっていたので、2本目は倒すことを考えないで滑りました。

来年も鹿角に行くことが決まっているので、ポイントを狙えるような順位を目標に、アイスバーンの勉強と練習をしようと思いました。

2年 ゆきみ
posted by nagoya-u.ski_team at 18:10| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

2020年02月29日

インカレ・リレー&全関西中止のお知らせ

どうも、佐橋です。

良いニュースと悪いニュースがあるけど、どっちから聞きたい?アメリカではこう聞かれることが多いらしいですね。みなさんはどっちから聞きたいですか?僕は良いニュースから書きたいので、まずは良いニュースから。悪いニュースから知りたいひとは後ろから読んでください。まあタイトルからも想像できるかもしれないですが。そもそも悪いニュースから聞きたい人っているんですかね?

26日にインカレ最終種目の男子リレーが行われました。女子リレーはランナー女子が2人しかいないので出場していません。2.5キロコース2周で1走のクラシカルは僕が、2走は飛永、3走はしょうりという先行逃げ切り戦法で行きました。

結果は12位でした。入賞は無理でしたが、なんとか4ポイントを獲得することができました。これにより、総合で20位となりなんとか2部に残留することができました。部としての今年の目標の一つであった2部残留を達成することができ嬉しかったです。しかしながら、まだまだ大量ポイントを獲得することはできておらず、目標であった個人でのポイント獲得はできていないので全く満足はしていません。来年のインカレではリベンジできるように部員一同頑張っていきます。

ちなみに女子は総合で5位入賞したそうです。ポイントは101ポイントらしいです。少し分けて欲しいですね。

以下個人の感想です。
佐橋
気温が低く、雪がしまっており、高速レースになった。周りについていこうと頑張ったが、置いていかれてしまった。スプリント力がないのを再認識させられたのでオフシーズンの課題として改善していきたい。

飛永
今日はすねパンだった
ゆつくり滑ったのに、またもやすねパンになり、東工大に予想より早い段階で抜かれ、ついていくこともできず、ラップタイムも酷く、チームに迷惑をかける散々な結果になってしまった。クラとは違い、今シーズン一度もフリーですねパンにならない、満足できるレースがなかった。来シーズンまでに解決策を見つけ、練習の時のフォームで走りきれるようにしたい。

しょうり
フリーの時から反省し無理にスピードを意識せず大きくテンポよく滑りました。つもりだったんですが、後で動画見返してみると動きは小さいしテンポは遅いしで、ホンマに頑張ってんのかこいつ?ってかんじでした。もっと体全体を使って滑れるようになりたいです。来年はもっと堂々とリレーに出れるよう頑張ります。

というわけで、男子2部残留という良いニュースでした!あと、今年は無事故で無事にシーズンを終えることができました!!これは僕が知る限り4年ぶりなんじゃないですかね。安全運転第一です!!来シーズンも無事故で終えられるように気をつけます。

悪いニュースは全関西中止ということです。
シーズン最後の大会、ゆうゆう先輩たち4年生にとっては最後の大会であったため、なくなったのは悲しいです。しばらくのあいだ鹿角にいて世間から隔離されていたので、そんなにコロナウイルス怖いの???って感じでしたが、名古屋に帰ってきたら驚きですね。感染しないように注意します。

というわけで突然シーズンが終了したということで次のイベントは新歓ですね!地獄の細道もコロナによって中止になったので、知名度が低いスキー部としては不利な気がしますが、できるだけ多くの部員を獲得できるように頑張ります!!!IMG_5892.PNG
posted by nagoya-u.ski_team at 17:10| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

インカレ 15km/10kmクラシカル

こんにちは。ノル1年丹羽咲乃です。

更新遅れましたが、昨日はクラシカル男子15キロ、女子10キロが行われました!

リザルトです↓
男子15キロ
Screenshot_20200225-163744.png
Screenshot_20200225-163755.png

女子10キロ
Screenshot_20200225-164802-1c792.png


まずは、ゆうゆう先輩3位おめでとうございます!!🎊フリーもクラも表彰台、かっこよすぎます、、😂3年後には自分も表彰台に立てるように頑張ります!


そして私も5位入賞しました!!フリーでは悔しい思いをしたのでクラで何とか結果が出て嬉しいです!

グリップは、クリスターの45でバッチリでした!ゲタることも無く、パタパタもほとんど使わずレーン内でダイアゴナル出来たので、完璧だったと思います!

10キロの試合に出たことなかったのでペース配分が全くわからず、全力のちょっと手前のペースをずっと保とうって決めて挑みました。そして、腕のパワーが皆無の私はダブルポールが破壊的に進まないので、登りはダイアゴナル、平地もダイアゴナルで、レースのほとんどをダイアゴナルで進む強行突破作戦に出ました。ダブルポールとダイアゴナルを上手く組み合わせることでもっと速く滑れると思うので、来年度も筋トレ頑張ります😂💪


それぞれの感想です
ゆうゆう先輩

グリップはとても迷い0℃〜3℃のROSSA?をベースの上に塗りました。貸してくださった九大さんありがとうございました🙏いい感じにとまりました。
今回は初めてのクラシカル10kmで、マススタートでした。マススタート難しいです。引っ掛かった人ごめんなさい。
いい位置でスタートできるために、sajポイント下げる目的で出ようとしてたTOFの大会が中止になったので、後ろめスタートでした。全関西では上手くスタートしたいです。
レースは、前の人は見えてましたが追いつけませんでした(T_T) 
下りで雪質の変化によりいきなり板がつまり、前にぶっこけたのは反省です。雪面の状況をよくみようと思いました。


しょうり

散々クラ嫌いを言ってきたんですがいざレースで勝負すると素直に楽しめました。ダイアゴナルで腰が痛くなったのでフォーム見直していきます。ローラーとかクラもちゃんとやっとくべきだったなと後悔。


飛永先輩

インカレで唯一満足のいくレースができた。東工大の2年の恩田についていって、最後抜かすことができた。インカレのモチベはきりたんぽを食べることと、恩田に勝つことだったので、フリーは負けたが、クラで勝って非常に嬉しい。グリップは完璧だったが、3周目は疲れてフォームが崩れてダイアゴナルが止まらなかった。疲れてきても落ち着いて止められるように全関西までの期間で修正していきたい。

佐橋先輩

いいフォームで走ることが出来なかった。体が潰れてしまい、板をしっかり踏むことが出来なかったためグリップが止まらなかった。九州の神田橋に抜かれて、気持ち的にも切れてしまった。ポイント獲得を目指していたため、大変悔しかった。全関西が終わればオフシーズンになるので、しっかり修正して来年ポイントを獲得できるように頑張りたい。


明日はインカレ最終日ですアルペンのたけまろくん、織田くんガンバです!!!💪💪


明後日以降も長野でまだまだ合宿は続くのでこのクラの結果に一喜一憂せず、もっともっと上を目指してクラはもちろん、フリーでも戦って行けるように頑張っていきます!今後もご指導よろしくお願いします。

おやすみなさい!

posted by nagoya-u.ski_team at 21:50| Comment(1) | 大会 | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

インカレ 女子5kmフリー (day35-38)

秋田県鹿角市花輪スキー場にて第93回目のインカレが行われてます!

まずは女子2部5kmフリーの結果です。
Screenshot_20200225-155922.png
1位 本間樹良来(3) 京都大学 17:17.2
2位 水口珠寿(1) 金沢学院大学 18:24.5
3位 田中優香(4) 名古屋大学 18:35.9
12位 丹羽咲乃(1) 名古屋大学 21:52.3

目標としていたメダルとれました!!ホントは銀メダル狙ってたんですが約10秒足りなかったです、、。がメダルは素直に嬉しいです。インカレの表彰台にあがれましたー!✨
全関西でもクラフリー両方入賞して表彰状コレクターになりたいです💪
1582609895010.jpeg

滑りは平地と下りがとても課題です。全然進みません。てか板にのれません、、。最近おかしいです。なんでだろう?全関西までに改善したいです😣
そういや最近ダッシュ練してない 

さきの感想→
自分的には九大戦よりは納得のいくフリーでした。クイックのピッチも以前より速くかつ持続的になったと思います。体重が乗せ切れてないのでもっと練習します。反省点は、以前からの課題である下りです。パタパタが苦手で、すぐにボーゲンをかけてしまって大きなタイムロスをしてしまっているのでもっとターン練習をして下りでの恐怖心をなくせるようにしたいです。


去年はライバル(と思っていた)方々がたくさんいましたが、みんな一学年上で引退されてしまったため、今年は目標はあるものの、どこか私は何を目指してるんだろうと思ってしまう時がありました。上は上すぎて、もう少し身近なライバルはいないかな〜と少し寂しくもありましたが、今回のインカレで頑張れば勝てそうな相手とレースできて楽しかったです。結果フリーもクラも負けましたが😂もっと上手く、速くなりたいと思いました。もう一緒にレースする機会がなさそうなのが残念です。
ライバルの存在って大切だなあって最近すごい感じてます。頑張れるパワーも変わってくるし、何より楽しいです。考える量も変わります。追われるより追う方が楽しいです。まあでも追う人はたくさんいるので、追いつけるよう頑張りたいです!
1つ上のレベルにいきたい。去年と同じことをやってても変わらないと思うので、どうやったら1つ成長できるかしっかり考えます!
そうそう、先に言っちゃいますがさきのちゃんがなんと10kmクラシカルで5位でした!!まだ1年目です。驚きです。さきのちゃんはダイアゴナルウーマンです。どうやら彼女はダイアゴナルに全く力を使わないそうです。皆が頑張ってるところも軽々登っていきます。なんで!?って思いますがさきのちゃんの滑りも参考にして今後練習していこうと思いました!普通に追いつかれそうで怖いです。
そして決めました。
来年はさきのちゃんのライバルになろう!さきのちゃんのライバルは他大にもいますが、名古屋にいる"身近な"ライバルになってお互いの力を引き上げ合いたいです💃


話は変わりますが、今回の移動は
佐橋と国体会場の富山→長野まで電車
長野でレンタして1,2年生がいる飯山の山の湯で一泊
飯山→鹿角まで日本海側を通って車で移動
って感じでした。
いつの間にか1年生ズが運転要員になっていて、車も2台で結局人権もアリアリになり、快適に移動できました。
DSC_0070.JPG
途中海がみえたり、いろんな道の駅にとまって美味しいものも食べれて楽しかったです🌻
特にこの、ぶりのお刺身は超美味しかったです🍴
IMG_20200225_194738_341.jpg


あとやっぱ名大のメンバーは落ち着きますね。明日以降の男子リレーも男女アルペンもガンバ!


以上青森空港から名古屋への飛行機にのっている田中でした。もっといろんな人と喋れたらよかったです。あとは名古屋まで爆睡します💤と思ったら寝付く前に着いてしまった。

一旦スキーは忘れて、ひじょーーにヤバい卒論発表がんばってきます。何の心配もない全関西が楽しみです。


クロカン4年  田中優香

posted by nagoya-u.ski_team at 21:03| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

ソンナコトナイヨ (なんと国体day34)

遅くなりましたが国体の女子リレーの結果です!

Screenshot_20200222-140630.png

この日は滑りやすいコースでした!いつもクイックしてたところもスーパーでいけてビックリしました。速い人は12分台でした。え、これ何キロだっけ?って思いました。

国体のリレーは、5kmフリー×4人です。女子リレーには少年女子が2人以上かつ1走2走は少年女子に限るというルールがあります。
というわけで、
1走 こゆきちゃん
2走 まなちゃん
3走 私
4走 さえこ先輩
でした🐾
まずは無事バトンが繋げてよかったです(*^^*)
順位も予想通りでした👍

滑りに関しては、上りは頑張れるのですが下り&平地で体が動かなくなるのがつらいです。もう明後日からインカレの試合が始まるので、たくさん寝て元気いっぱいでいきたいです💃


国体では県チームで行動するため、いろんなバックボーンの人がいて面白いです。来年はいろんな人と喋りたいです🌻


今回のレースはさえこ先輩の引退レースでした(違ったらスミマセン😅)。忙しい中でもトレーニングして力出しきっててかっこよかったです!ホントにお疲れさまでした!!来年もスキー楽しみましょう😆

IMG_20200222_154739_001.jpg
来年もリレー出れると嬉しいです🐩

お世話になった愛知県スキー連盟のみなさんありがとうございました!

クロカン4年  田中優香
posted by nagoya-u.ski_team at 15:56| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

らいばるは、だれ?(なんと国体day29-33)らしく🐾

国体へ向け、富山にやって参りました。14inです。メンバーは、愛知県チームで 私 さえこ 佐橋

一昨日は大雨が降ったり、今日は大雪が降ったりと天気はいろいろです😂
DSC_0023-f648e.JPG
これは昨日

今日は女子5kmクラシカルでした!
りざると
Screenshot_20200218-145357.png

この前まではクリスターと思ってましたが今日はボックスでした。
ベース30
45かなと思い45
先にレースがあったskhrさんのアドバイスにより60塗って上に55
手伝ってくれた方ありがとうございます!

レーン外で少しゲタる時はありましたが、下りは進むし上りとまるしちょうどよかったです!
ただ、納得のいく滑りはできなかったです…。自分に負けました。ライバルは自分です。去年みたいに勢いもって、純粋に全力で滑りたいです。幸い明日はリレーでフリー!バトン繋いで、去年よりいい順位目指して、4人で笑顔で終わっていい写真とりたい💃

最大のライバルに勝ちましょう〜🐩
そのために何をするのか

1,2年生もいろんなコースで頑張ってて大変だろうにブログもたくさん更新してくれて嬉しいです。動画みるとみんな上手くなっててすごいです。


最後に佐橋の宣誓と大仏様で締めますね。
Screenshot_20200217-144224.png
IMG_20200214_182420_981.jpg

クロカン4年  田中優香

posted by nagoya-u.ski_team at 17:56| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

アルペン 男子GS

遅れてすみません🙇‍♂️
アルペン1年井口です。
ギリギリまでアルペン競技は開催するかどうかが決まらず、正直3日はないだろうと思っていたところ無事予定通り3日に開催することができました。
野沢温泉スキー場の方、九大戦の運営の方、感謝です!
まずはリザルトから
1579264673578.jpg
1579264675483-f7637.jpg
男子GS 正シード
1位 杉浦開(4)東京工業大学       33.63
2位 大森貴俊(4)京都大学          33.99    
3位 仮屋園純平(2)東京大学       34.17
18位 井口岳麿(1)名古屋大学      36.47
36位 織田悠輔(1)名古屋大学     42.27
人生はじめてのスキーの大会ということでとても緊張しましたが、まず、無事やり遂げることができてよかったです。
個人の反省としては、ほぼ人生初のポールの存在に気を取られっぱなしで、SLよりかはだいぶマシでしたが、考えて滑れてなかったところかなと思います。結果的に最後の斜度が変化するところで、どんどん切り替えが遅れて外足でズズッとブレーキかける感じになってしまいました。しょうがないといえばしょうがないかもしれませんが、もっと意識して滑れたらタイムがわりと変わってたかもと思うと悔しいです。
ほんの2週間ぐらいではありますが合宿でいろいろ教わったことをもっと発揮したかった...
よかったところは、いつも一緒に合宿していた同期の面々に勝てたところですね!自分の滑りがどんなものかも正直わからないし、他の大学の選手のこともよくわからないので目標を立てるとしたらおのずとそこになってしまう訳ですが、唯一のモチベーションだったのでしっかりと達成できたのは素直に嬉しいです。これからも負けんようにトレーニングに励みたいところです。
次の大会はインカレですが、九大戦の経験も生かしてそれまでに上達してやりましょう!

posted by nagoya-u.ski_team at 21:39| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

九大戦 アルペン男子SL

更新遅くなりました申し訳ありません。1年織田です。

九大戦男子アルペンSLの結果です。今年は日程の都合上、GSもSLも1本のみとなりました。


1:杉浦開 東京工業大学 43.31

2:大森貴俊 京都大学 43.50

3:鳥谷部洋一 一橋大学 43.79


18:井口岳麿 52.50

31:織田悠輔 1:01.20


今回は僕にとって初めての大会でした。とりあえず感覚を掴んで完走したいと思っていたので、その点は達成できて良かったとは思っています。

ただ、滑り自体は微妙な内容でした。まずインスペクションでコースを覚えきれず、2
つ先を見るはずが次通るべき旗門の方にばかり意識が行ってしまいました。他にもフォームがダメだったり、最後の鬼門の後クローチングしていなかったりと反省点は色々ありますが、今シーズン中に可能な限り改善していこうと思っています。あと当日の朝に爪を割ってしまい、レースに少し影響が出てしまったので、こういったしょうもない怪我も減らして行きたいです。


来年はできれば10位台くらいまで行けたらいいなと考えていますが、その前に目先のインカレに向けてしっかり練習していくつもりです。
posted by nagoya-u.ski_team at 01:06| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

国体予選愛知県 day22-23 速くなりたい言われたい

元は岩岳の予定でしたが、雪不足のため野沢に変更して愛知県予選会が行われました!他にも確か三重滋賀大阪の人たちがいました。野沢は強いですね。場所は上ノ平の3kmコースです!

以下リザルトです。
Screenshot_20200113-110428-d15b0.png
1/11  成年女子A 5kmクラシカル(上ノ平3kmコース×2)
11時出走(30秒インターバル)

1位 田中優香(4年) 24:34.9
2位 山田紗恵子(M1) 27:05.2

Screenshot_20200114-173824.png
1/12  成年女子A 5kmフリー(上ノ平3kmコース×2)
13時出走(30秒インターバル)

1位 田中優香(4年)  21:48.4
2位 山田紗恵子(M1)  22:49.4


まずは2人とも無事国体出場が決まりました✨嬉しいです。
高校生の子も2人いるので愛知県でリレーも組めそうです!!
やったぁ😆
いい結果目指して頑張ります💪

クラシカルは表面がV60でいきました。最後らへんの坂はとまらなかった(とめれなかった)けど、それ以外はばっちりでした!!九大戦では弱くて苦戦したのでとても気持ちよかったです。でももうちょい強くてもよかったかなぁと思いました。他の人はもっと強いのでいってる人もいて、これからはグリップ強気にいってみようと思いました。とまると楽しいです🙆
あと技術って大事だなあと思いました。去年はダイアゴナルできないからほぼ走ってましたが、今年はほぼ走らずにいけて速く進めるし楽しいです。もっと技術磨きたいです!

フリーは最初の下りでもふ雪に思いっきり突っ込んでしばらく抜けれませんでした…。その後焦らず前向いて滑れたのはよかったですが、下りはこれからの最大の課題だと思いました。コンタクトがフラフラして目が見えなくなるのも問題です。しっかり瞬きするといいんですかね。あ、ちなみに佐橋はコンタクト忘れて眼鏡で滑ってました。
ノルペンとか八の字でひたすら下りの練習しようと思います!下りの練習方法教えてください〜
クラもフリーも疲れてない体で試合できたのでよく体動いて気持ちよかったです。

愛知県スキー選手権大会も兼ねてたので表彰状4枚もらえました☺️今後の大会も全てで表彰状もらえることがひとつの目標です!(国体は除く)


佐橋も国体出場が決まりました。飛永も2年目ですごい頑張ってると思います。これからも楽しくやってこ〜
詳しくは別にブログが書かれると思います!


あとは楽しかったこと💃
さえこ先輩とコントレで野沢を巡りました!
IMG_20200112_225626_363.jpg
湯澤神社です。一応初詣?

IMG_20200112_225840_776.jpg
いろんなオブジェ?があるところ。ここ好きです。


こじまのおばちゃんに今日はお客様感謝祭と教えてもらったので大湯通りに行ってきました!めっちゃ人いましたね。
DSC_4425.JPG
振舞い汁だったりどぶろく試飲したり楽しかったです。
DSC_4430.JPG
ナスキーとジャンケン大会もありました!最後らへんは景品にスキー板出てきてめっちゃ盛り上がってました✨まあ勝てませんでしたが😂

DSC_4432.JPG
笹団子も食べました!この笹団子は温泉で温められてて、中にあるあんこもそのまわりもとろっとろで本当においしいです。是非一度食べてみてください!!

さえこ先輩とまた合宿に行けて幸せです🍀
野沢は楽しいです😄

雪が降ることを願います。

クロカン4年 田中優香
posted by nagoya-u.ski_team at 13:45| Comment(1) | 大会 | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

九大戦アルペン女子

1578051641177.jpg1578051625995.jpg
九大戦お疲れ様でした!

アルペン女子のリザルトです。

大回転
1位 大沼恭子 東北大学(3)
2位 藤井順文 名古屋大学(2)
3位 木村香穂 東北大学(4)

回転
1位 大沼恭子 東北大学(3)
2位 木村香穂 東北大学(4)
3位 宮崎理紗 東京大学(3)
4位 藤井順文 名古屋大学(2)

GSはトップバッターでめちゃくちゃ緊張しました。でも、雪の状態は良く、コースは楽だったので、攻めるのみ!と思ってやりました。GSは去年からずっと苦手な方で、SLにかけていたので、思った以上の結果が出て嬉しい半面、まぐれだったとも思っています。滑ったあとの感覚ではここまでいい結果だとは思っていなかったし、本当に驚きでした。しかし思い返せば確かに失敗した感じはなかったし上手く滑れたような気がしました。その感覚をこれからの練習で自分のものにして、自信を持ってまたいい結果を出せるようにしたいです。

一方SLは、物足りない結果でした。コース設定が思ったより複雑で、インスペクションの後とても不安になりました。滑っている時も間違ったかもと思いながら気づいたらゴールしていました。これからの練習では、その日の1本目をレースだと思って攻めて滑る練習をしていこうと思います。去年は1本目は守る滑りが多かったので、今年はそれを改めて1本目から攻める滑りを意識していきたいです。

レースでは自分のことで精一杯で、たけまろと織田くんに何もできなかったです。自分が伝えられることはどんどん伝えていこうと思います。

私は1人も撮れなかったのに、動画をたくさん撮ってくださったノルの皆さん、ありがとうございました!!

リレーにも出させていただいて、銅メダルを取ることが出来て嬉しかったです!ゆうゆう先輩、さきのちゃん、ありがとうございました!!

ゆきみ
posted by nagoya-u.ski_team at 22:01| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

九大戦 女子総合準優勝!! (day19-21)

しました!!ゆきみちゃん(アル2)とさきのちゃん(ノル1)と私(ノル4)の3人で準優勝とれました〜!
正直ここまで勝負できるとは思ってなかったです。
競技が終わる度にあれこれ結構いいんじゃない?あれもしかして!?準優勝狙える!?ってなって最終日リレーの前はもうワクワクでした。

1/1  午前 クラシカルの確認
        午後 開会式

1/2  午前5kmフリー
        午後5kmクラシカル

まずはリザルトです!
1578051037542.jpg
女子5km F
1位 本間樹良来(3)京都大学  18:20.7
2位 田中優香(4)名古屋大学  19:30.7
3位 今村佳乃(3)九州大学   20:40.4
12位    丹羽咲乃(1)名古屋大学   25:32.6
1578051031588.jpg
女子5km CL
1位 本間樹良来(3)京都大学   19:27.2
2位 田中優香(4)名古屋大学   21:26.3
3位 今村佳乃(3)九州大学   21:46.0
8位    丹羽咲乃(1)名古屋大学   28:02.4

さきのちゃんがクラシカルで新人賞!&ポイントもゲットしました!すごいです。
いろんな人がさきのちゃんの滑りをみて、あの子経験者?上手くない?って言ってて、とても誇らしい気持ちになりました笑
自主練ローラーの賜物ですね☺️

私も無事銀メダルとれました!クロカン個人は初メダルです😆

1/3   午前 大回転1本
         午後 回転1本

リザルトは他のブログに任せますが、ゆきみちゃんが大回転で銀メダル!回転で4位でした!すごいです!ナイスポイントです✨

1/4   午前リレー
         午後閉会式
1578220299809.jpg
1578220305324-46f6a.jpg
女子3km×3コンビリレー
1位  大阪大学 
  1走 秋元映実花(3)  14:21.4
  2走 岡本ひなの(1)  16:28.9
  3走 小林真子(4)      12:50.6
          合計タイム 43:41.0

2位  東北大学
  1走  島田菜理沙(3)  16:45.0
  2走  三嶋怜奈(3)      13:38.0
  3走  竹井しのぶ(4)  13:38.5
          合計タイム 44:01.6

3位  名古屋大学
  1走  丹羽咲乃(1)  16:07.1
  2走  藤井順文(2)  19:56.0
  3走  田中優香(4)  12:11.3
          合計タイム  48:14.5

3人で銅メダルもらえました✨
走順はいつもの名大スタイル(と私が勝手に思っている)で、ゆきみちゃんには2走真ん中で安心して滑ってもらって、私はフリーがしたくてかつ追いかける方が好きなので3走、そしてさきのちゃんは1走クラシカルで走ってくれました。
それぞれ皆がいい滑りをしたと思います!
前日にさきのちゃんが銅メダルとれるって言ってくれて、それでみんなで目標にして、達成できたのでとても嬉しかったです!


ということで総合得点はこうなりました↓
IMG_20200105_113123.jpg


私にとっては最後の九大戦で、個人もリレーも総合も全てできうる限り最高の順位をとれました。全部でメダルもらえました。ここまで頑張ってきてよかったです。もう九大戦に思い残すことはありません!
さきのちゃんゆきみちゃん、本当にありがとう!

女子部恒例のジャンプ写真
line_15340721428988.jpg

表彰式!
line_21065284887325-6c556.jpg

集合写真
1578220608019.jpg


九大戦はおわりましたが、まだシーズンは始まったばかりです。悔いなく現役を引退できるようもっと頑張ろうと思いました!4年目の意地見せつけてやります。





順位は満足ですが滑りは反省点ばかりです。
雪不足で中々ちゃんとしたコースで練習できず、特に下りはダメダメでした。めっちゃ守りました。なのにこけました。志賀高原のゆるいコースに慣れてしまい、野沢がオープンした頃にはTTや試合前でガッツリとは練習できなかったので、これからしっかり練習していきたいです。
クラシカルではグリップ合わせが甘かったです。2年目で少しは経験も増えてきたので、周りを頼ることも大切ですが自分を信じてグリップを当てにいこうと思いました。V40と板のトップ側に薄くVR45塗って弱かったです。DPは進みました。
試合でもダイアゴナルできるよう意識して練習します。
試合中は下ばかりむいてフォームもぐちゃぐちゃだった気がします。もっと前をむいて気持ちは上を向いて滑る!
気持ちって本当に大事だと実感しました。気持ちがダメだとそれがすぐ体にも表れます。そうなると本当につらいです。体を鍛えるのはもちろんですがメンタル強化を重点的に。
リレーの時、自分の強みを思い出しました。単純ですがピッチをあげればスピードは上がります。そのことを忘れてました。一回でたくさん進むのもいいけど私はやっぱりパワーより体力です。自分の強みを生かした滑りを模索しようと思います!


雪不足で日程が短縮され、ハードな日々でしたが九大戦が開催されてよかったです。運営の方にとっても短縮によりとても大変だったと思いますが、ありがとうございました。
OBさんも、板を上ノ平や湯の峰?に運んで下さったりたくさんのサポート差し入れありがとうございました!
こじまの方にもいつもお世話になってます。ありがとうございます。


九大戦の反省会で佐橋の話に刺激されたのでまた目標設定し直してやってこうと思います。後輩指導も頑張ります。


とりあえず来週は愛知県国体予選の予定です!
雪はあるんでしょうか、、?


最後にみゆき商店さんに表彰状持っていくとバナナボートが4つももらえて嬉しかったです。


クロカン4年  田中優香




九大戦の動画で、私がちらっとでもうつってる動画あったら送ってもらえるとありがたいです!🙏
posted by nagoya-u.ski_team at 19:45| Comment(1) | 大会 | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

全関西スプリント結果と引退に際して

こんにちは。M1のさえこです。
大変、たいへん遅くなりましたが、全関西スプリントの結果と部活を引退するにあたって思ったことをつらつら書いていこうと思います。
まずはスプリントの結果から。

女子
1位 決勝 A   小島 千香世   同志社大学  学連
2位 決勝 A   山石 沙也加   同志社大学  学連
3位 決勝 A   橋 莉那    同志社大学  学連
‥‥
9位 決勝 B   山田 紗恵子   名古屋大学  学連
10位 決勝 B  田中 優香    名古屋大学  学連

詳しくはこちら→89f1_Sprint.pdf

男子
1位 決勝 A   本間 有次    立命館大学   学連
2位 決勝 A   笠原 陸     京都産業大学  学連
3位 決勝 A   中俣 旭日    関西学院大学  学連
‥‥
29位 準々決勝  塩見 学   名古屋大学   学連
30位 準々決勝  佐橋 一輝  名古屋大学   学連
‥‥
34位 予選    小坂 優介  名古屋大学   学連
‥‥
39位 予選    森 政樹   名古屋大学   学連
‥‥
44位 予選    飛永 雄人  名古屋大学   学連

詳しくはこちら→89m1_Sprint.pdf

結果は9位でした!入賞まであとひとつと惜しかったですが、前との差は結構空いていたのでこの結果でだいぶ満足しています。
去年初めてスプリントのレースに出て、予選通過してスプリントの楽しさに目覚めた私ですが、同時に三本揃えなければならない過酷さも思い知りました。去年の私は予選通過するのに必死で(というか通過できると思ってなかったので)一本目でほぼ全力を出してしまい、予選の時点で9位だったものの、決勝で体力がもたず、最下位の12位となってしまいました。
これが結構悔しくて(特にずっと目標にしてきた安井さんに公式な記録で勝てなかったことが)、一番きつい3本目で力を出し切って予選の順位よりあげた安井さんを心底強いと思いました。来年は決勝で勝負できる体力をつけるため、インターバルを頑張ろうと思ったのを覚えています。

4年生では研究で忙しくなるだろうと思っていましたが、思ったよりも練習に参加できたので、体力は去年と同じか少し向上したくらいだと思います。私は特にインターバルの力が不足していたので高負荷のメニューをなるべくセミナーなどと被らない日に入れるように頼んで参加できるようにしました。
それでもやはり絶対的な練習量は足りていなかったように思いました。たとえばレース中に心拍が爆上がりすると体が急に動かなくなったり、急な登りなど負荷がかかるところでパワーを発揮できなかったりしました。これは、シーズン後半になるにつれ調子が上がってきたことから、ただただ雪上日数が足りていなかったのもありますが、やっぱりオフトレでやったことがもろにシーズンの結果に出るということがよくわかりました。
自主トレでやるメニューはどうしてもランニング、軽めの筋トレなど低負荷長時間の練習になりがちです。私も去年はそうでした。
そのトレーニングで私はランニングが速くなりました。クロカンのベースが苦にならなくなりました。でも、レースペースで動き続ける力が不足していました。
スタート切って思いっきりダブルポールして、登りにさしかかった時、心拍がマックスに近い状態でした。上り始めて半分くらいのところで呼吸が乱れてリズムが崩れて一気に減速しました。本当につらかったです。と同時に練習ではできるのに…と悔しさが込み上げました。

思えば心拍を上げた状態で何かをする練習はあまりできていなかったかもと思いました。インターバルトレーニング、雪上でのダッシュ練、TTなどにもっと参加できればよかったかなと思います。結局トレーニングしたこと以上のことをレースではできないということですね。
雪上での練習が一番大事ですが、オフシーズンの練習も本当に大事です。せっかく部でトレーニングするので一人では追い込めないような高負荷のメニューも積極的にとりいれて頑張ってほしいです。
あとはベーストレーニングですね。今年のスプリントは去年に比べてだいぶ楽に3本走れました。3本目でも全力を出せる体力がついたんだと思います。これはベーストレーニングのおかげかなと思ったりしています。

あと、トレーニングするうえで重要なのは”ちゃんと考えること”だと思います。
私はけっこう負けず嫌いな性格なので、ライバルに勝ちたい、あの人には負けたくないっていう思いで頑張ってたところがありました。
もちろんそれもモチベーションを上げるためには大切なことですが、それだけではだめだということに気がつきました。なぜなら、クロカン競技そのものに対して突き詰めていなかったからです。
一年生の時にほかの人より上達するのが早くてそれに甘えて、ずっと感覚でやってきたところがありました。1年目、2年目はそれでもいいですが、そのあと技術的な伸びが少なくなるように思います。クロカンはいつもコーチがいるわけではない分、自分で考えてトレーニングする必要がありますが、自分の感覚だけに頼ってやってるとより上のレベルに行くには非効率的なのかなと思いました。
振り返ってみれば、森や塩見や小坂は熱心にうまい人の動画を見て勉強していました。富田は練習後に自分のジャンプの動画を見て自分が意識したことがちゃんとできているか、うまい人との違いはどこかいつも確認していました。ゆうゆうもローラー練の度にビデオ撮りをして部員にアドバイスをもらったりしてフォームの確認をしていました。
私はビデオを撮ってもしっかりと見返したことがありませんでした。その重要性に4年目にしてやっと気づきました。
自分が滑っている時の感覚とビデオに映っている自分の姿は全然違うことが多く、意識したつもりでも見た目にはほとんど変わっていないということがよくありました。感覚も大事だけど客観的な分析も必要なんだなと実感しました。早い人のフォームはやっぱり自分と比べて合理的だと思いました。すべてをまねする必要はないけど、いろんな滑りを見れば自分の中での滑りの幅が広がるし、いつもと意識を変えてやってみることもできるし、それで自分にしっくりくるものがあれば自分のものにすればいいと思いました。
クロカンは体力も筋力も大事だけど、やっぱり技術力があるに越したことはないので、ぜひ技術磨きにも力を入れてほしいです。
個人的には講習会に参加するのが一番だと思います。


とここまで今年の反省みたいな感じになりましたが、私としてはこの4年間やり切ったと思っています。悔いはありません。本当に楽しかったです。
私はクロカンという競技に出会えて幸せでした。小学校から、バスケ、水泳、卓球、陸上とやってきましたが、競技自体がこんなに楽しいと感じたのは初めてでした。部活を引退しても続けようと思ったのも初めてです。
学生の大会にはもう出れませんが、きけば一般の大会は結構あるらしいです。冬時間が取れたら滑りに行こうかなと思っています。
あと、国体がちょっと心残りなので院生のうちはトレーニングもして出れたらいいなと思っています。


最後に、スキーで出会ったあらゆる人に感謝の気持ちでいっぱいです。
スキー界で活躍するコーチや選手に教えていただきました。長野県に第二の故郷ができました。後輩思いのOBさんOGさんに出会いました。大学を超えた仲間ができました。気を許せる大親友ができました。

そして私がスキー部を最後まで楽しく続けられたのは、ほかでもない名大スキー部のおかげです。
新歓の時積極的に話してくれた坂部先輩や憧子先輩、入部を決めたのはお二人のおかげだといっても過言ではありません。
ジャンプの合宿でいつも一緒だったひろし先輩、三橋先輩、坂部先輩、富田、楽しい合宿のイメージは今でもジャンプ合宿を思い出します。
一年目に同じ部門に同期がいて、富田でよかったと思っています。いつも支えになってくれました。
ラン転してから同じ部門に同期が4人になって居心地がよくなりました。
いつも楽しい話をしてくれた塩見。話していると気分が明るくなりました。クロカンのことを自分なりにしっかり考えていて、それを人に教えるのがうまいからすごいと思ってました。ゆうゆうがあそこまで成長したのはやっぱり塩見のおかげかな?
ゲームばっかりしているけどレースにかける思いは誰よりも強い森。スキー未経験者だったのに持ち前の運動神経と努力でめっちゃうまくなって驚いてました。基本癒し系だけど、垣間見える強さと、冷静な視点にはっとさせられました。
誰よりもクロカンを楽しそうにやっていた小坂。センスあるうえに強くなるための努力とクロカンの分析を怠らなかったのがすごいと思います。4年目は悔しい思いをしたかもしれないけど、スキーにかけていた情熱が研究に移っただけと思って、心配はしていませんでした笑。
同期や後輩が辞めてしまったこともあったけど、最後まで続けた百瀬。部門に同期がいなくても先輩が引退しても一人で努力していて本当にすごいと思います。寂しいこともつらいこともあっただろうにそれを表に微塵も見せずに黙々と練習に取り組むイメージが強いです。べらべら話すタイプじゃないけど、一緒にしゃべった時は楽しかったです。
最後にいつも一緒だったゆうゆう。体力がほぼ一緒で趣味も似てて気が合う後輩が入って本当によかったです。というかもう大親友ですね。
ゆうゆうがいたから練習を頑張れました。やると決めたことはやれる、そのための努力を怠らないところはすごいです。自分のことだけじゃなくて、部全体に目が行き、ひとりひとりの状態を把握して部をまわしていける力、本当に尊敬します。来年も期待しています。

本当にたくさんの人の支えがあってここまで来られました。ありがとうございました。
この経験は一生の宝になるだろうし、今後の生活でも生かせると思います。濃い4年間でした。


以上で終わりです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
またどこかで会いましょう。
posted by nagoya-u.ski_team at 18:55| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

インカレ全関西、総合成績

部としてのシーズンが先日終了しました!
総合成績を載せたいと思います。

インカレ男子2部
Screenshot_20190316-163749.png
1 慶應義塾大学 180pt
2 神奈川大学 120pt
3 中京大学 110pt
18 名古屋大学 4pt

インカレ女子2部
Screenshot_20190316-163832.png
1 九州大学 179pt
2 立教大学 154pt
3 学習院大学 135pt
5 東北大学 118pt
6 名古屋大学 101pt


全関西男子1部
Screenshot_20190316-163716.png
1 近畿大学 198.0pt
2 京都産業大学 135.0pt
3 大阪産業大学 100.5pt
10 名古屋大学 3.0pt

全関西女子1部
1552721801413.jpg
1 同志社大学 160.7pt
2 京都産業大学 98.7pt
3 関西学院大学 77.3pt
6 名古屋大学 31.7pt
7 九州大学 27.0pt


男子は共にリレーでポイントを獲得し、インカレは2部に残留しましたが、全関西ではかないませんでした。来年ガッツリポイント稼いで、1部昇格頑張ろう!

女子は、共にクロカンでポイントを多く獲得し、インカレは国公立3位でしたが、全関西でついに国公立1位をとることができ今年の目標を達成できました!全関西ではゆきみちゃんにリレーを走ってもらい、そのおかげで手に入れられた順位です。ありがとう!
さえこ先輩とゆきみちゃんと3人で今年戦うことができて、本当に楽しかったです。ありがとうございました!!

シーズンが終わり、ついに4年生が引退です。1番よく関わってきた代で、かつ人数も多いので寂しいです。(まだあまり実感は湧いてませんが…。)みんな名大に残るはずなので、実感が湧くことないようまるで現役かの如く、部活に来てほしいと思います!よろしくお願いします。
4年間お疲れさまでした!(^^)


各大会の集合写真を置いときます。

九大戦
1552724846189.jpg
インカレ
1552724847401.jpg
1552724857174.jpg
全関西
1552724858356.jpg

1年間、ありがとうございました。お世話になりました。
来年も、よろしくお願いします。

3年主将 田中優香









以下、個人的に振り返りたいと思います。
今年ランナーに転向し、1年間ランナーとして練習してきました。フリーでは4年生の人たちを、クラシカルは3年目だと思われるような滑りをすることを目標にやってきました。結果はだいぶ満足です。フリーでは思ってた以上の順位をとれたり、全関西では入賞もできました。クラシカルは、まだ経験不足は感じますが、滑りとしては最後の方には3年目かのようにはなれたかなーと。いや、2年半かな…。とにかく楽しいシーズンでした。と共に、上の人たちの凄さを感じました。特に国体ですね。ガンガン抜かれました。あの世界を味わってみたい!ということで、来シーズンは一部校の人たちと戦えることを目標に頑張っていきたいと思います。
どこまでいけるかはまだ未知数ですが、まず1番の違いは下りの技術不足であることは明らかなので、残雪合宿でひたすら下り、技術を高めていきたいです。
こんなに楽しくスキーができたのは、4年生の人たちがいたからです。私は他大の人とも4年生の人と関わることが多かったように思います。(1個上だから当たり前…?)今年、多くの4年生が引退してしまうのでホントに寂しいです…。試合も、ライバル(だと思っていた)の人たちがみんな4年生で、ごろっといなくなってしまうのは寂しいです。また、雪上でも陸上でも姿をお見かけしたいです。
それからなんといってもさえこ先輩、今までずっと一緒にいて、とてもお世話になりました。さえこ先輩のいないスキー部はこれからが初めてで不安ですが、これからもたくさん遊んでください!あとは追いコンで〜
1年が終わり、新体制になりますが、疲れてしまう人が出ないようにこまごまと支えていきたいと思います。これから頑張ります。まずは私がしっかり休みます。
来年度のスキー部も、よろしくお願いします!
posted by nagoya-u.ski_team at 18:37| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

全関西 大学対抗SL

名大の結果を発表します!

第17位 藤井順文
DNF 百瀬孝紀
DNF 小山正太郎

1本目は特に大きな失敗もなくタイムも悪くなかったです。
2本目は、入れなくなりそうになりブレーキをかけてしまったことと、ヘアピンだと意識せずに入って遅れてしまったことで、タイムがよくありませんでした。
私は毎回1本目で守ってしまい、2本目で攻めてタイムが良くなって、1本目からできていればという課題がありました。しかし今回は逆に1本目上手くいき2本目が上手くいきませんでした。
振り返ってみると、自分の前にスタートした数人の滑りを見て自分はもっとこうしようという思いが強くなり、焦ってしまったことが原因だったと思います。攻める気持ちと、落ち着くことのバランスが大切だと感じました。

明日はクロカンのリレー頑張るので短めですが閉めたいと思います!

ゆきみ
posted by nagoya-u.ski_team at 20:15| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

全関西GS

GSのリザルト載せます。

男子チャンピオン大会
第1位 森田智也(近畿大学)
Run1 1:00.61 Run2 1:01.81 Total 2:02.42
第2位 正木樹(立命館大学)
Run1 1:01.25 Run2 1:01.88 Total 2:03.13
第2位 和田望武(京都産業大学)
Run1 1:01.09 Run2 1:02.04 Total 2:03.13
第33位 百瀬孝紀(名古屋大学)
Run1 1:10.36 Run2 1:09.74 Total 2:20.10
第58位 小山正太郎(名古屋大学)
Run1 1:21.87 Run2 1:19.11 Total 2:40.98

女子チャンピオン大会
第1位 奈良きらり(京都産業大学)
Run1 1:02.54 Run2 1:03.98 Total 2:06.52
第2位 関光里(関西学院大学)
Run1 1:03.68 Run2 1:03.39 Total 2:07.07
第3位小木曽真央(京都産業大学)
Run1 1:02.85 Run2 1:04.48 Total 2:07.33
第27位 藤井順文(名古屋大学)
Run1 1:28.29 Run2 1:27.73 Total 2:56.02

男子1部大学対抗
第1位 山慎太郎(近畿大学)
Run1 1:01.93 Run2 1:04.02 Total 2:05.95
第2位 寺島瑛介(近畿大学)
Run1 1:02.15 Run2 1:04.16 Total 2:06.31
第3位 坂次大和(立命館大学)
Run1 1:02.29 Run2 1:04.15 Total 2:06.44
第24位 百瀬孝紀(名古屋大学)
Run1 1:09:00 Run2 1:08.20 Total 2:17.20
DNF 小山正太郎(名古屋大学)

女子大学対抗
第1位 関光里(関西学院大学)
Run1 1:02.69 Run2 1:04.20 Total 2:06.89
第2位 奈良きらり(京都産業大学)
Run1 1:03.13 Run2 1:06.68 Total 2:09.81
第3位 柴尾侑佳(武庫川女子大学)
Run1 1:04.49 Run2 1:07.20 Total 2:11.69
第28位 藤井順文(名古屋大学)
Run1 1:25.72 Run2 1:23.90 Total 2:49.62


インカレ以来のカンダハーで、恐怖心に耐えられるか、練習してきたことを出せるか不安でした。
しかし、7日に一本目を滑った後、GSって楽しい!これが1番の感想でした。スタートでバーを切って思い切り漕ぎ、クローチングで攻める、斜度が変わったら2旗門先に体を向けること、ゲートでターンを終わらせることを意識する、下からも見える急斜面に入ったら板をずらしてブレーキをかけることができるだけないようにする。このことプラス、インスペクションで頭に入れた注意する旗門を意識して滑ることができるようになりました。
緩斜面の漕ぎとクローチングで差をつけられるか、急斜面への切り替えで落とされないか、急斜面でびびらずに滑り切れるか、これが大事だと思いました。

今シーズン最後のGSは、来シーズンでのタイムや選手の目標を定められるとても良いものになったと思います。

ゆきみ
posted by nagoya-u.ski_team at 18:04| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

インカレ 男子GS

2/19は男子1部2部のGSでした。百瀬先輩は卒論発表のため出てません。以下リザルトです。

Run1Time 1.22.58Rank 69/70
Run2 Time 1.24.71Rank 62/65
→2.47.29Rank 65/65

僕は九大戦で怪我していたので初めてのレースになりました。1本目はとりあえずDFしない事だけを考えて挑みました。完走はできたのですが少しビビりすぎたのかタイムが遅くなってしまいました。なので2本目はびびらずいつも通り滑ることを意識したら1本目より順位も上がって今の自分の実力をしっかり出せた気がしました。ただ上手い人たちの滑りを見てると自分の課題がありありと見えてきたので今シーズンの残された練習でどんどん成長していきたいです。全関西ではもっといい滑りをしたいです

小山
posted by nagoya-u.ski_team at 21:32| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

インカレ SL

アルペン4年の百瀬です. 2/21に行われたインカレ男子2部スラロームについての報告です.
1本目はバーンが非常に硬く, 旗門付近が掘れており, 難易度高めのコースだったので, ミスをせず完走することだけ意識しました.
2本目は気温が上がり, バーンが柔らかくなり, 1本目と比べると滑りやすいコースでした.
4年間で初めて, インカレのスラロームで完走することができました. 以下リザルトです.

31位 百瀬
DNF 小山
posted by nagoya-u.ski_team at 20:37| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

インカレ 女子GS SL

2月20日に女子GS、22日に女子SLが行われました。
ちなみに2月22日は猫の日です。

リザルトです。
GS
1位 鈴木千晴(明治学院大学)
Run1 1:06.45 Run2 1:08.25 Total 2:14.70
2位 浦野皐月(信州大学)
Run1 1:06.42 Run2 1:08.69 Total 2:15.11
3位 堀田璃苑(中央大学)
Run1 1:06.85 Run2 1:09.79 Total 2:16.64
33位 藤井順文(名古屋大学)
Run1 1:35.77 Run2 1:33.65 Total 3:09.42

SL
1位 増田小枝(北海道教育大学)
Run1 57.13 Run2 1:03.11 Total 2:00.24
2位 堀田璃苑(中央大学)
Run1 58.14 Run2 1:02.78 Total 2:00.92
3位 熊木嶺(大東文化大学)
Run1 59.16 Run2 1:02.60 Total 2:01.76
38位 藤井順文(名古屋大学)
Run1 1:24.38 Run2 1:29.27 Total 2:53.65

まず、初めてのインカレ、カンダハーコースでの滑りを終えることができてほっとしています。
GSの2日前に初めてカンダハーに来てコースオープンでフリーをやった時は、高所恐怖癖(高所恐怖症というのはもっと病的な状態だそうで単に高いところが苦手な場合癖というらしい)がだいぶひどく、リフトに乗ることがまず苦痛でした。そして急な斜面×アイスバーンの斜面を高スピードで滑降する上級者に圧倒され、何回か宙に放られながらその日を終えました。この日、こんな所でレースをしなければならないことに絶望的な気持ちになったことはたぶん一生忘れません。

20日のGSはSLと比べると私にとって少し苦手な種目です。そして霧が酷く、コースもしゃりしゃりとシャーベットのようでした。スタート前に誤ってストックでバーを切ってしまったり、ダブルレンズのゴーグルの内側が曇ってしまったりとトラブルが多かったです。正直、レース中の記憶はほとんどありません。なので、撮って頂いたビデオを見て改善点を意識しながらこれから練習に励んでいきたいと思います。

22日のSLは、GSより少し心のゆとりがありました。GSで2本レースを経験していたことと、SLの方が得意なことと、晴れていたことがよかったのだと思います。しかしやはり急斜面。スタート前に見下ろすと様々な不安が湧いてきました。気をつけることはいくつもあって頭がいっぱいになったので、とにかく先を見る、足幅を狭くして上半身から離れないようにする、という基本を大切にしました。難しい斜面、コースになればなるほど、基本がしっかりできていることが大切だという元義さんの言葉を覚えておこうと思います。

初めてのインカレ、初めての本格的なアルペンのレースで感じたことや改善点は書ききれないほどたくさんあります。
これらの思いを忘れず、まずは今シーズンの残りの練習で少しでも成長できるよう頑張ります。

P.S.気づいたらリフトが怖くなくなっていました。これが1番の喜びかも?!

ゆきみ
posted by nagoya-u.ski_team at 18:06| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする