2019年03月25日

残雪合宿(3/21〜24)

 久しぶりの投稿になります、新二年の島です。今シーズンの最終盤に野沢温泉にて残雪合宿に行ってきたので、そのことについて、つらつらと書いていきたいと思います。
 21日の朝に、塩見先輩、ゆうゆう先輩、私のトリオで名古屋を出発し、お昼すぎに野沢温泉に到着したときには気温12℃くらいのぽかぽか陽気だったので、雪はシャバシャバ、人はチラホラといった状態でした。その中で早速、久しぶりに滑ってみましたが、すっかり感覚がなくなっていたため、やはり上手く乗ることが、なかなか出来ずにいました。そんなこんなで悪戦苦闘していると、先輩が「5kmコースに行く(反論は認めない)」と言い出したので、後ろについていきました。実は、今シーズンも終盤に差し掛かっているというのに私はまだ5kmコースを滑ったことがなかったのです。最初は「怖いな」「なんとしても下りで今シーズン3回目の膝クラッシュを起こすことだけは避けたい」「二度あることは三度ある、とはなんと嫌な響
きだろうか」などと考えていたのですが、進んでいくうちに、疲れないのに脚(スネなど)がとても痛くなってくるという、とても不思議な感覚に陥ったので、この辛い状況を克服するために、
「この競技を考えた人は絶対にMだな」「いや、むしろこの競技を他の人に普及させようと考えた時点でSの可能性が濃厚ではないか」
「どちらにしろ変態にはちげぇネェ」「ということは先輩方も変態の一派か!」
「変態が遥か先を走ってやがる…」
「…俺も一派か!」
などと実に様々なことを考えてやり過ごしました。その後、なんとかして5kmを走り終えました。塩見先輩に5kmを滑った感想を聞かれたので、正直に「余裕(笑)」と答えました。この後は、とてもじゃないですがもう一周行く気にはなれなかったので、グラウンドをぐるぐると滑って自分の動きを確かめるようにしてこの日の練習を終えました。
 22日は一日中ゲレンデスキーをしました。私は、高校一年生のときのスキー体験以来のゲレンデスキーでしたので、ワクワクドキドキといった心持ちでした。早速スキー場に行ったのですが、何しろ私は手持ちの道具が何もないので、スキー場にあるレンタル屋さんにお世話になりました。結構な出費を覚悟していたのですが、道具一式が3800円で、リフト代4800円よりも1000円も安いという事実に泣いて喜びました。(※嘘です。)その後、山頂までゴンドラで行ったのですが、あいにく霧が濃く、5m先の雪面までしか見えないファンタスティックな状況でしたので、ゆっくりと下って行きました。幸いにも下の方は霧が薄かったので基本的にそのあたりで滑りました。この一日の感想から書きますと、とても楽しかったです。重心を乗せる�
��または角を立てるといった動作でしっかりと曲がるというのは、とても気持ちが良かったですし、不思議でした。もっともっとやっていたいと、はしゃいでいると、案の定思いっきりコケました。楽しかったですが、体重移動や姿勢、そもそものスキー操作など、難しいことも多いことを知り、また一つ自分の経験が増えるとともに、アルペンの人たちの凄さも少しわかる気がしました。
 23日は再びクロスカントリー場に戻り、私はひたすらグラウンドで基礎的なスキー操作の練習をしました。まずはじめに、上半身と下半身の動きがバラバラということで、上下の連動を意識するためにダブルポールをひたすらやりました。ここで、私には筋肉が足りないのだなと実感しました。ポールを突くタイミングで、どうしても体幹と腕の間の空間が潰れてしまい、腕の力が上手く下に伝わっていかなかったのです。そして、そのせいで、手が、押し切ると同時に下がってしまうという課題もあります。さらに、そもそもタイミングがズレてしまっていて、ちぐはぐに動いてしまっていました。それを治すために先輩方が色々とアドバイスをしてくださったので、それを試していきながら、納得できる形を探していきました。そんな
すぐに答えは見つからないですが、いくつか「これは!」と思えるような感覚を感じることが出来たので、そういったものを大切にしていきたいなと思いました。塩見先輩、ブルーベリーマフィンごちそうさまでした。
 24日は午前中のみクロカン場で練習しました。この日は深夜から早朝にかけて雪が降ったので、板があまり滑らず、気分は良くなかったですが、逆に止まるので板に乗りやすかったように感じました。この日も基本の動きを確認していきました。この日はとりあえず一つ一つだけに集中して練習することを心がけました。押し切ると同時に手がさがらないように、ポールをできるだけ前に突くイメージで、腰を前に持ってくるように、手と体幹の連動、上半身と下半身の連動etc…そして最後に少しだけこれらを複合してみました。やはり、上手くいかずにどうしても型無しになってしまいましたが、練習を積み重ねることで、焦らずじっくりと身に着けていきたいと思いました。塩見大先輩様、クランチチョコパイごちそうさまでした。そ
して、ゆうゆう先輩イチオシのネイサンチェン選手の演技、是非ともYouTubeで見たいと思います。
 今回の合宿は本来、シーズン終盤の滑り納め的意味合いの強いものなのでしょうが、怪我でシーズンを棒に振った私にとっては、とても貴重な雪上感覚を養う機会となりました。また、楽しさを実感するという原点に立ち返る機会にもなりました。連れてきてくれ、教えてくれ、たまに奢ってくださった先輩方に感謝し、この文を閉じたいと思います。  
posted by nagoya-u.ski_team at 01:09| Comment(0) | 合宿 | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

アルペン シーズン総括

アルペン主任の百瀬です. 3月11日までの全関西で, シーズンが終わりました.
今シーズンについて, 振り返り, 総括を書きたいと思います.

初滑りは12月最初の土日でした. シーズンインは少し遅かった気がします. 11月の中旬には軽井沢はすでにオープンしていて,
11月の第3週の三連休には志賀高原の熊の湯もオープンしていたことを考えると, もっと早く入るべきだったと思います.
12月は雪不足に苦しみました. 熊の湯では一旦営業停止になったり, 積雪不足で年末の九大戦までゲートトレーニングをまともに
できなかったり. でも逆に雪不足で, 奥志賀, 焼額, 一ノ瀬といろんなスキー場を転々としたのは, 大変だったけど楽しかったです.
そんな中で, 毎週土日, それから年末はクリスマス前から約1週間, 雪上での練習を重ねました.

年末の九大戦は, それまでは雪不足に悩まされてきたのに, 今度は大雪に苦しみました. GSは天候不良のため2本目キャンセルに. またロングポールを使ったゲートトレーニングはそれまで一度もしていなかったために, 初のロングゲート. しかしそんな中でも, 一年生の藤井は入賞, 新人賞. また自分も最後の九大戦にして初めて, 3年間なかなか取れなかったポイントをなんとか取ることができました.

九大戦が終わったらそのまま, 野沢から夜間瀬に移動して練習, そして1月も毎週末, 特に成人の日, センター休みで3連休が二回もあり, 滑走日数を稼ぐことができました. 1月に継続して練習できたことは, かなり今シーズンの成長に影響したと思います.

2月は完全に一ヶ月間雪上生活でした. 夜間瀬を拠点に練習し, 3日間は野沢のカンダハーコースを借りて, インカレ本番会場での練習も行いました. カンダハーコースで練習したのは, 自分は4年間で初めてで, とても貴重な練習となりました. そのおかげか, 2月中旬に行われたインカレでは, 急斜で難関なカンダハーコースで, 1年生2人とも完走することができました. また自分もGSは卒論発表のために出場できませんでしたが, SLは4年間で初めて完走することができました.

シーズン最後の全関西も天候に苦しみました. 2日目のレースが前日の雪でコース状況が悪くキャンセルになり, SLが1レースなくなりました. しかし, 3日目のGS学校対抗の日は晴れ, いいコンディションの中で3人とも, ベストな滑りをすることができました. 1年生は2人とも, インカレの時より何段階も成長し, 来年以降の活躍を期待させる滑りをしていました. また自分も, 4年間で初めてレースポイント2桁を出し, 最高の思い出になりました.

シーズンが終わり, 自分にとっては4年間が終わりました. スキーを通して多くの経験, 成長をすることができました.
支援していただいたOBの方々, コーチ, シーズン通して一緒に練習してきた京大チーム, 九大学のライバル達に
感謝したいと思います.
posted by nagoya-u.ski_team at 23:27| Comment(0) | 合宿 | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

インカレ全関西、総合成績

部としてのシーズンが先日終了しました!
総合成績を載せたいと思います。

インカレ男子2部
Screenshot_20190316-163749.png
1 慶應義塾大学 180pt
2 神奈川大学 120pt
3 中京大学 110pt
18 名古屋大学 4pt

インカレ女子2部
Screenshot_20190316-163832.png
1 九州大学 179pt
2 立教大学 154pt
3 学習院大学 135pt
5 東北大学 118pt
6 名古屋大学 101pt


全関西男子1部
Screenshot_20190316-163716.png
1 近畿大学 198.0pt
2 京都産業大学 135.0pt
3 大阪産業大学 100.5pt
10 名古屋大学 3.0pt

全関西女子1部
1552721801413.jpg
1 同志社大学 160.7pt
2 京都産業大学 98.7pt
3 関西学院大学 77.3pt
6 名古屋大学 31.7pt
7 九州大学 27.0pt


男子は共にリレーでポイントを獲得し、インカレは2部に残留しましたが、全関西ではかないませんでした。来年ガッツリポイント稼いで、1部昇格頑張ろう!

女子は、共にクロカンでポイントを多く獲得し、インカレは国公立3位でしたが、全関西でついに国公立1位をとることができ今年の目標を達成できました!全関西ではゆきみちゃんにリレーを走ってもらい、そのおかげで手に入れられた順位です。ありがとう!
さえこ先輩とゆきみちゃんと3人で今年戦うことができて、本当に楽しかったです。ありがとうございました!!

シーズンが終わり、ついに4年生が引退です。1番よく関わってきた代で、かつ人数も多いので寂しいです。(まだあまり実感は湧いてませんが…。)みんな名大に残るはずなので、実感が湧くことないようまるで現役かの如く、部活に来てほしいと思います!よろしくお願いします。
4年間お疲れさまでした!(^^)


各大会の集合写真を置いときます。

九大戦
1552724846189.jpg
インカレ
1552724847401.jpg
1552724857174.jpg
全関西
1552724858356.jpg

1年間、ありがとうございました。お世話になりました。
来年も、よろしくお願いします。

3年主将 田中優香









以下、個人的に振り返りたいと思います。
今年ランナーに転向し、1年間ランナーとして練習してきました。フリーでは4年生の人たちを、クラシカルは3年目だと思われるような滑りをすることを目標にやってきました。結果はだいぶ満足です。フリーでは思ってた以上の順位をとれたり、全関西では入賞もできました。クラシカルは、まだ経験不足は感じますが、滑りとしては最後の方には3年目かのようにはなれたかなーと。いや、2年半かな…。とにかく楽しいシーズンでした。と共に、上の人たちの凄さを感じました。特に国体ですね。ガンガン抜かれました。あの世界を味わってみたい!ということで、来シーズンは一部校の人たちと戦えることを目標に頑張っていきたいと思います。
どこまでいけるかはまだ未知数ですが、まず1番の違いは下りの技術不足であることは明らかなので、残雪合宿でひたすら下り、技術を高めていきたいです。
こんなに楽しくスキーができたのは、4年生の人たちがいたからです。私は他大の人とも4年生の人と関わることが多かったように思います。(1個上だから当たり前…?)今年、多くの4年生が引退してしまうのでホントに寂しいです…。試合も、ライバル(だと思っていた)の人たちがみんな4年生で、ごろっといなくなってしまうのは寂しいです。また、雪上でも陸上でも姿をお見かけしたいです。
それからなんといってもさえこ先輩、今までずっと一緒にいて、とてもお世話になりました。さえこ先輩のいないスキー部はこれからが初めてで不安ですが、これからもたくさん遊んでください!あとは追いコンで〜
1年が終わり、新体制になりますが、疲れてしまう人が出ないようにこまごまと支えていきたいと思います。これから頑張ります。まずは私がしっかり休みます。
来年度のスキー部も、よろしくお願いします!
posted by nagoya-u.ski_team at 18:37| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

全関西リレー

Screenshot_20190311-190324.pngScreenshot_20190311-190455.png
※ちょっと酔ってます
これが最後になるでしょうか。もう誰がなんと言おうとOBです塩見です。

今日は全関西最終日リレーでした!
朝早くから全員でご飯をとり、アルペンの人には学生役員や応援荷物運びなど手伝ってもらい一致団結総力戦という一日でした。まあアンカーの私はのんびり8時半アウトでしたが…。怪我中の島もたくさんサポートしつつ合間を縫って練習に励んでほんとにエラカッタと思います。

女子は9時出走3人でコンビネーション男子は10時出走4人でコンビネーションでした。

女子はゆきみちゃんに走ってもらって、5位!ライバル視していた大教がDSだったのでちょっと不完全燃焼気味だったかも… しかしまあゆきみちゃん頑張りました!板を滑らせる力はさすがアルペンといったことでしょうか。美月さんくらい体力を伸ばせればクロカンを楽しめると思うので、前期はランニング頑張ってほしいなあと勝手に思ったりしております。

ゆうゆうは個人のフリーで8位ということでゆうゆうと滑ってましたが、九大のよしのちゃんと案外タイムが近かったようです…。打倒ホンキラさんと思ってると意外なところから…あるかもしれません…。こういうことを書いていると自分の心の中のゆうゆうが「まあその分わたしも伸びるんで…」と反論してきます。なんだか来年もゆうゆうにつきあってランかローラーかにいってる自分の姿が見えてきました…。(なんだかんだ残雪合宿に行く自分よ…)まあ君なら大丈夫だ!頑張れ!(上から目線ですが、今年塩見が大健闘したのに多大なる貢献をしたのはなにを隠そうゆうゆうでしたありがとう!)

さえこちゃんには数時間早く引退されてしまいました。クラシカルとスプリントで終わった瞬間に、気持ちよく引退できる!と言っていたので今日はさらに清清しい気持ちだったのではないでしょうか?雪上日数が少ない分全関西が一番調子上げてきた感すごかった!

ここまで書いてめんどくなってきました。男子は軽めにあとは追いコンで話すとしましょう

飛永は初のリレメン緊張してましたねー笑 めちゃくちゃ転けたみたいで居残り練習してました。その精神を持ち続ければ絶対に強くなる!まあそれは新歓の時期から分かってたけどね笑 飛永が入部を決めたときにすでにホッとしてました。ああ強くなる人が入ってくれたと。

佐橋は速かった!ビンディング外れてたけど笑 スキーで勝ったのはスプリントだけだったーくそー

小坂は遅くなった!笑 今日のクラスプリントは衝撃だったのら

森も頑張ってたです!もっと練習したかったなあ

百瀬の応援は力になった!よだれを一層垂らしてやろうと決心できた

小山は関門員しながら応援してくれたね笑 小山には部の方針を丁寧にまとめてくれることを勝手に期待している笑 他の人はちょっと過激だから…。笑

なんか島のことを先に書いちゃったのに並べないとあれなのであれです。

とにかくみなさんに感謝感激雨あられ。もちろん自分が大好きで大切だった名大スキー部の先輩方にも感謝を。

その大切な大切な名大スキー部を繋げることができた自分にも最後にエールを送らせていただきます!
posted by nagoya-u.ski_team at 19:52| Comment(0) | 合宿 | 更新情報をチェックする

全関西 クラシカル

どうも佐橋です。
それではクラシカルの結果発表〜
41E45E10-AD0C-4E0B-9B1D-6BB18B3DFAA3.png
なんとはじめて青木先輩に勝ちました!
やっぱり1月、2月全然雪上に入らなかった人には勝てますね。
今シーズン九大戦は成績は良くなかったためインカレからは頑張ろうと思っていましたので、まずまずの成績に嬉しいです。

しかし、この全関西の試合が終わると四年生が引退というのは少し悲しいものがありますね。
自分が一年生の時の幹部の代の方は一番関わりがあるからでしょうか?さみしいですねー
まあ今年の新歓も院生になっても少し顔を出してくれるそうなのでまたすぐに会えるんですけどね笑

他の大学の4年生とは会えないのは本当に悲しいです。今の四年生には速い人ばっかりだったので(東大の石原さんとか阪大の青木先輩とか九州の甚哉さんとかまだまだいっぱいいて書ききれないです)いなくなってくれて良かったっていうのはもちろんあるのですが、もう僕を遅いなーなんて言って色々教えてくれる先輩方が少なくなってしまうのが一番悲しいです。

でも、これからは僕が逆に一年生を遅いなーって教えていけたらいいなって思っています。今の四年生みたいに速くなれるかはわかりませんが笑(頑張ります!)

来年の目標はとりあえず一年生を強化して名大のランナー王国を復活させることですね!主将またランナー主任として引っ張っていきたいと思います。至らない点も多いと思いますがこのブログを見たからには力を貸していただきたいです。よろしくお願いします笑
posted by nagoya-u.ski_team at 19:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

全関西 大学対抗SL

名大の結果を発表します!

第17位 藤井順文
DNF 百瀬孝紀
DNF 小山正太郎

1本目は特に大きな失敗もなくタイムも悪くなかったです。
2本目は、入れなくなりそうになりブレーキをかけてしまったことと、ヘアピンだと意識せずに入って遅れてしまったことで、タイムがよくありませんでした。
私は毎回1本目で守ってしまい、2本目で攻めてタイムが良くなって、1本目からできていればという課題がありました。しかし今回は逆に1本目上手くいき2本目が上手くいきませんでした。
振り返ってみると、自分の前にスタートした数人の滑りを見て自分はもっとこうしようという思いが強くなり、焦ってしまったことが原因だったと思います。攻める気持ちと、落ち着くことのバランスが大切だと感じました。

明日はクロカンのリレー頑張るので短めですが閉めたいと思います!

ゆきみ
posted by nagoya-u.ski_team at 20:15| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

全関西GS

GSのリザルト載せます。

男子チャンピオン大会
第1位 森田智也(近畿大学)
Run1 1:00.61 Run2 1:01.81 Total 2:02.42
第2位 正木樹(立命館大学)
Run1 1:01.25 Run2 1:01.88 Total 2:03.13
第2位 和田望武(京都産業大学)
Run1 1:01.09 Run2 1:02.04 Total 2:03.13
第33位 百瀬孝紀(名古屋大学)
Run1 1:10.36 Run2 1:09.74 Total 2:20.10
第58位 小山正太郎(名古屋大学)
Run1 1:21.87 Run2 1:19.11 Total 2:40.98

女子チャンピオン大会
第1位 奈良きらり(京都産業大学)
Run1 1:02.54 Run2 1:03.98 Total 2:06.52
第2位 関光里(関西学院大学)
Run1 1:03.68 Run2 1:03.39 Total 2:07.07
第3位小木曽真央(京都産業大学)
Run1 1:02.85 Run2 1:04.48 Total 2:07.33
第27位 藤井順文(名古屋大学)
Run1 1:28.29 Run2 1:27.73 Total 2:56.02

男子1部大学対抗
第1位 山慎太郎(近畿大学)
Run1 1:01.93 Run2 1:04.02 Total 2:05.95
第2位 寺島瑛介(近畿大学)
Run1 1:02.15 Run2 1:04.16 Total 2:06.31
第3位 坂次大和(立命館大学)
Run1 1:02.29 Run2 1:04.15 Total 2:06.44
第24位 百瀬孝紀(名古屋大学)
Run1 1:09:00 Run2 1:08.20 Total 2:17.20
DNF 小山正太郎(名古屋大学)

女子大学対抗
第1位 関光里(関西学院大学)
Run1 1:02.69 Run2 1:04.20 Total 2:06.89
第2位 奈良きらり(京都産業大学)
Run1 1:03.13 Run2 1:06.68 Total 2:09.81
第3位 柴尾侑佳(武庫川女子大学)
Run1 1:04.49 Run2 1:07.20 Total 2:11.69
第28位 藤井順文(名古屋大学)
Run1 1:25.72 Run2 1:23.90 Total 2:49.62


インカレ以来のカンダハーで、恐怖心に耐えられるか、練習してきたことを出せるか不安でした。
しかし、7日に一本目を滑った後、GSって楽しい!これが1番の感想でした。スタートでバーを切って思い切り漕ぎ、クローチングで攻める、斜度が変わったら2旗門先に体を向けること、ゲートでターンを終わらせることを意識する、下からも見える急斜面に入ったら板をずらしてブレーキをかけることができるだけないようにする。このことプラス、インスペクションで頭に入れた注意する旗門を意識して滑ることができるようになりました。
緩斜面の漕ぎとクローチングで差をつけられるか、急斜面への切り替えで落とされないか、急斜面でびびらずに滑り切れるか、これが大事だと思いました。

今シーズン最後のGSは、来シーズンでのタイムや選手の目標を定められるとても良いものになったと思います。

ゆきみ
posted by nagoya-u.ski_team at 18:04| Comment(0) | 大会 | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

全関西フリー

初めて板を折った1年飛永です。

まずはリザルトから


男子1部30キロフリー
1位 本間有次 立命館 1:28:47.8

22位 佐橋一輝(2) 1:51:42.2

30位 塩見学(4) 2:00:28.3

35位 飛永雄人(1) 2:18:49.5



女子10キロフリー
1位 渡辺愛珠 同志社 30:10.5

8位 田中優香(3) 34:51.7

11位 山田紗恵子(4) 36:16.8



はい、最下位でした〜
板を折る前までは阪大1年の濱田と一緒に滑っててお互いめちゃめちゃ転倒してたんですが、板を折ってからは姿が見えなくなってペースもダウンしてしまいました。おとといのTTでは僕が勝っていたので悔しいです。30キロ長かったです。

課題だった下りカーブは練習したおかげで
かなりボーゲンかけずに曲がれるようになったんですが、今日の雪では足を取られてたくさんこけてしまいました。
まだまだ練習が足りないようです。

明後日のクラシカルは最下位回避できるよう
全力を尽くします!

今晩は久しぶりに雪が降ってます☃️
このまま積もって気温も低いままで
コンディションが良い中で試合したいなー。

折った板いくらしたんだろう?
posted by nagoya-u.ski_team at 19:34| Comment(0) | 練習 | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

フリーtt 3/5@野沢温泉

どうも佐橋です。
早速ですが、今日フリーのttが行われたので結果をのせておきます。
F7DE5465-6138-4A2E-834F-1B92D77C588C.jpeg
いやー、九州の2年生が速いですねー
ついに負けてしまいました。しかも1分半もつけられました。
最近はほんとに未経験者に追いつき抜かれそうで怖いです。しっかり頑張らないとすぐに抜かれちゃいますね。

今日は雪がシャビシャビすぎて板が沈んじゃう感じがありました。板を持ち上げて頑張ろうとしたのですが、太ももがもたなかったです。

次回からは太ももをもたせるためになるべく太ももをあげるのを意識せずに滑るようにします。

ちなみに阪大の青木先輩にはじめて勝てたのでちょっと嬉しかったです。
インカレの30キロフリーではいい成績がとれるように頑張ります。
posted by nagoya-u.ski_team at 22:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

野沢TTクラシカル

塩見です。

記念大会の移動の次の日いきなり名阪神合同でTTでした。五キロ1周でした。自分のグリップはばっちりで数少ないSレアグリップガチャを引いてしまいました…。ガチャを引けるのもあと一回か二回か…。

道坂との最初で最後のクラ勝負を制しましたが、テストでフラフラ青木を倒すのには失敗しました…。これで0勝40敗くらいですかね…。一勝くらいしたいなー。
posted by nagoya-u.ski_team at 21:30| Comment(0) | 合宿 | 更新情報をチェックする